コロナ感染の爆発的増加に備える… 見本市会場にベッドを入れて収容も

日本の新型コロナ医療崩壊を前に危機感を募らせる岡田晴恵教授。先を見据えた迅速で的確な決断が必要だ。

社会

2020/04/02 10:30


 

■欧米の大型商業施設はすでに…

じつは先週、イギリスのジョンソン首相および保健当局が、このやり方に踏み切ることを発表していた。

コミコンも開催されたことがある、ロンドンのウォーターフロント再開発地区に建つ大型コンベンションセンターの『エクセル展覧会センター(ExCel London)』。その広大なフロアでは今、軍の協力を得て500台のベッドと医療器具の搬入・設置が急ピッチで行われている。最終的には4,000人の患者を収容する予定だ。

人が大勢集まるビッグイベントは軒並み中止だからこそ可能になる、中国が最初に試みたこの方法。スペイン・マドリードの『IFEMAエキシビションセンター』やニューヨークの『ジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンションセンター』なども、現在は新型コロナ治療センターに変わっている。


関連記事:宮城県東松島市がマスク22万枚を配布 他の自治体の現状と今後は…

 

■合理的かつメリットは多い

広大なフロアを持つ大型商業施設を「新型コロナウイルス治療センター」として利用するメリットは多いという。

1人の医師が多くの患者に広く目が行き届くようになる、人工呼吸器の共有が簡単になる、シフト制にゆとりが出て医療スタッフがしっかりと休養できる、などだが、各病院が別の病気で入院加療中の患者の治療に安心してあたれるというメリットもある。

日本では「ホテルをまるごと借り切って病院の機能を持たせる」といった案も浮上しているようだが、やはりその後の風評被害が気になる。

岡田氏は、一気に大量のベッドが並ぶことに「野戦病院のような感じを想像されるかもしれませんが…」と述べるなどやや遠慮がちだったが、その方法も一案として早めに検討する価値はありそうだ。

・合わせて読みたい→和田アキ子、新型ウイルスに「結局いつ終わんねん」と疑問 専門家の答えは…

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)