新型コロナ、パチンコ店にも影響… 「マルハン」臨時休業にファンの本音は

大手パチンコチェーン「マルハン」が、4日5日に都内全16店舗を臨時休業することを発表。SNSで反響が相次いだ。

話題

2020/04/03 05:30

パチンコ店
(Andrea Zangrilli/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛要請を受け、大手パチンコチェーン店のマルハンが4日と5日に都内全16店舗を臨時休業することがわかった。



 

■「パチンコはいいんですか?」と物議

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍首相や小池都知事などがたびたび訴えている「密閉」「密集」「密接」の3つの密。

これらの条件を満たしやすいパチンコ店についてはSNS上で何かと話題になっており、29日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)では、パチンコ店に並ぶ人たちの映像を見た関口宏が「パチンコはいいんですか?」と疑問を口にする一幕もあり、物議を醸していた。


関連記事:元日本一のキャバ嬢、店を臨時休業へ 「従業員への対応」に称賛

 

■「臨時休業」にSNSの反応は…

臨時休業を決めたマルハンだが、4日と5日といえば土日で多くの人が訪れる日。思い切った行動ともいえる臨時休業発表を受け、SNS上では「マルハン」がトレンド入り。「どんどんやってほしい」「英断だと思う」といった肯定的な声がみられた。

しかし、一方で「他の店も休業しないと意味がないのではないか」「これで他店ももっと動いてほしい」との声もあがっている。


■パチンコファンの本音は…

はたして、今回のマルハンの臨時休業を受け、パチンコファンたちはどう思っているのか。しらべぇ編集部が、パチンコ・パチスロファンを自称する30代男性に話を聞いたところ、「私は感染が怖いのでもう店に行っていませんが…」としたうえで、「特定の店が休業しても、近くにある別の店に行けばいいだけともいえるので、まったくダメージを感じていない人もいると思います」とコメント。

しかし、なかには「ジグマ」と呼ばれるひとつの店で腰を据えて打つスタイルの人もいるようで、そういう人にとっては自分が通っている店に休業などの影響あった場合は「相当なダメージだと思います」と話した。


まだまだ終息しない新型コロナウイルス問題。またファンたちが楽しくパチンコを打てる日が来ることを望みたい。

・合わせて読みたい→横浜中華街で新型コロナがらみの脅迫文騒動 「複数の店舗で嫌がらせ受けている」

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一