パペットマペット、マスク2枚支給への不安明かす 「誰用にすれば…」

パペットマペットがツイッターを更新し、布マスクの配布をめぐる政府の方針への思いを綴った。

エンタメ

2020/04/03 16:00

パペットマペット
(画像はパペットマペット公式ツイッターのスクリーンショット)

お笑い芸人・パペットマペットが自身のツイッターを更新。「究極の選択」を迫られていることを明かし、多くのユーザーからの注目を集めている。



 

■どう頑張っても…

2日、パペットマペットは「パペットマペットに届くマスク2枚というのは、いったい誰用なんだろう」と、ド直球なツイートを投稿した。

パペットマペットといえば「黒子」と右手の「うしくん」、左手の「カエルくん」が三位一体となって披露される、コミカルさとブラックジョークが一体となった芸風が持ち味。確かに2つのマスクを各々に割り振ろうとすれば、必然的に1つ不足してしまう。


関連記事:マスク難民続出で「自分で作るしかない」と話題 経産省は「一日も早く流通させたい」

 

■ファンの意見は「そんなの決まってる…」

マスクの品薄状態が続いていることから、安倍晋三総理大臣は全国の全ての世帯を対象に、1つの住所あたり2枚ずつ布マスクを配布する方針を明らかにした。今回のツイートはその方針に対する、パペットマペット流の切り返しといったところだろうか。

パペットマペットのネタの中で黒子は存在しないものとして扱われるため、ファンからは「そんなの、うしくんとカエルくんの分に決まってるじゃないですか」「2枚でピッタリですよね?」など、ネタの流れを汲んだコメントが多数寄せられている。


■「もうマスクしてない?」の声も

一部のファンの中には、しっかりと黒子の存在を目視できている人も。しかし黒子は元々顔を覆い隠しているため、「もう既にマスクしてませんか?」「この状態でマスクしたら、呼吸がしづらそう…」といったツッコミが寄せられてしまった。

果たして支給されるマスクは、どのように分配されるのだろうか。

・合わせて読みたい→マスク難民続出で「自分で作るしかない」と話題 経産省は「一日も早く流通させたい」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ