さすが空気を読む国・ニッポン 5割以上が「察しがいい」と自認

察しがいい人は、ちょっとした変化さえも気づくものである。一方で鈍感な人は、わかりやすいことさえ気づかない。

男女

2020/04/04 20:50


 

■妻が髪を切っても気づかない夫

一方で男性は、妻が髪を切ったことさえ気づかないことも。

「僕はとても鈍感な性格なので、妻が髪を切ったことを気づかなくて気まずい空気になることもよくある。そもそも鈍感なところは、付き合っていたときからわかっていたこと。


それなのに言わずに察することを望むのは、無理な話だと思う。『髪切ったんだけど、どうかな?』とか、はっきりと言ってくれるとありがたいのだけれど…」(30代・男性)


関連記事:深く気にしないのはいいけれど… 鈍感な人のメリットとデメリット

 

■女性の察しの良さが怖い男性も

女性の察しの良さに、怖さを感じるという男性も。

「女性の察しの良さは、ときに怖さを感じるくらい。会社の女性と二人で飲みに行ったことを妻に黙っていたら、『なにか隠し事ない?』って言われて焦った。


いつものように振る舞っていたつもりなのに『なんか、怪しい感じがしたから』って、いったいどうやって判断しているのか」(40代・男性)


察しがいい人がそばにいると、鈍感な人は恐怖さえ感じることもあるようだ。

・合わせて読みたい→怒りを伝えるのは大切だと思う? 「怒らずに伝えるのが重要」との意見も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)