ICUで13日間… 新型コロナウイルス感染症に打ち勝った重症患者

慢性疾患があれば、50代であっても新型コロナウイルス感染症は重症化しやすい。

社会

2020/04/04 12:00

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:米国CDC)

日々、深刻さを増す新型コロナウイルスのニュースには気が重くなるばかりだが、絶望的と思われた重症患者が見事に生還したというポジティブなニュースも大きく報じられている。



 

■37.2度の発熱から始まる

2月27日、軽い咳と37.2度の発熱で街のクリニックを受診した際は、軽い風邪だと思いこんでいたというシンガポールの50代の男性。現地メディアでは、「ベンさん」とだけ明らかにされた。

同29日に熱が38度に上昇し、乱高下を経て3月5日に体調が急激に悪化したベンさん。クイーンズタウンにあるアレクサンドラ病院へ運ばれ、そこで新型コロナウイルスへの感染が判明した。


関連記事:ハワイ旅行後の日本人が新型ウイルス感染 米国はここまで情報公開

 

■持病のせいで重症肺炎に

高血圧と糖尿病の持病があるベンさんは、新型コロナウイルスに感染したら肺炎の重症化が心配されるハイリスク群だった。

あっという間に重症の呼吸不全に陥ったベンさんにはICU(集中治療室)で人工呼吸器が取り付けられ、高濃度の酸素が送られた。しかし意識はもうろうとなり、高用量の鎮静剤の副作用で幻覚やせん妄も起きるようになった。

ベンさんはインタビューで「部屋のいたるところにエイリアンの姿が見えた」「言葉の通じない悪魔に何度も追いかけられた」などと話している。

次ページ
■死を意識するように