野沢直子「ほとんどの人がマスクしてる」 サンフランシスコの変化を明かす

野沢直子がブログを更新。サンフランシスコの街に起こっている変化についてつづった。

3日、お笑いタレントの野沢直子が自身のブログを更新。サンフランシスコの街で起こっている変化についてつづった。



 

■「銀行強盗じゃないです」

現在、サンフランシスコ在住の野沢。「外出自粛令が5月まで伸び、気が遠くなりそうではありますが、、」との書き出しでブログを更新すると、サングラスで目を隠し、バンダナで鼻と口を覆った自撮りの写真をアップした。手には手袋もはめられている。

彼女は写真について、「銀行強盗じゃないです。食料の買い出しです」と茶化しながら説明。自宅にマスクがなかったため、このスタイルをとっているようだ。


関連記事:恋人に「マスクを着けて」とお願いしたら… ありえない返事に別れを決意

 

■3週間前とは状況が一変

野沢はその中で「アメリカ人、おそらくヨーロッパの人もかも?」と、サンフランシスコに住んでいる人たちのほとんどがマスクをつける習慣がなく、つい3週間前まではマスクをつけている人が変に目立っていたとつづる。

しかし、今では状況が一変したそう。「今やほとんどの人がマスクしています」と、新型コロナウイルスによって、サンフランシスコの街にも変化が起こっていると明かした。

次ページ
■「私もマスクでグローブで買い物に…」

この記事の画像(1枚)