四千頭身・都築、自宅ゴミ箱から出てきたモノに大慌て 「よくない」「最悪だよ」

『爆笑問題のシンパイ賞』での四千頭身・都築拓紀の自宅ロケで…

エンタメ

2020/04/04 13:30

四千頭身・都筑拓紀
(写真提供:JP News)

3日深夜放送『爆笑問題のシンパイ賞』(テレビ朝日系)で、四千頭身・都築拓紀の自宅ロケを敢行。自宅のゴミ箱から驚きのモノが発見された。



 

◼四千頭身の悩み

番組準レギュラーのお笑い第7世代、四千頭身、EXIT、かが屋が偶然スケジュールが空いていたため、急遽全員が集結してロケをする流れに。「誰のどんなシンパイを解決するか」、まず各人の「心配事」を聞いていく。

かが屋、加賀翔は「相方の賀屋壮也がウンコを漏らした」と本気の心配事を吐露。賀屋は「先輩にそういう店に連れて行ってもらってから、おかしくなった」と理由を明かす。

続けて四千頭身の後藤拓実が「都築の自宅でロケをするのが増えたが、面白みがない」と悩みを明かし、都築の自宅を面白く改造するロケが決定した。


関連記事:四千頭身、ブルゾンちえみとの意外な関係暴露 「withBは僕たちだった」

 

◼都築の自宅で…

まず、どれほどイジれる場所がない、面白みのない部屋かをメンバーが確認していく。たまたま別番組で「室内でキノコを育てていた」ため、面白い部分は見つかったが、ほかには特筆すべき箇所はない。そこで後藤はゴミ箱のなかを確認してみる。

するとそこには「制作会社社員の名刺」がそのまま捨てられていた。騒然としたメンバーがそれをイジりだすと、都築は「名刺捨ててあるのはよくない」「いやいや、最悪だよ」と自身の行為を反省した。

次ページ
◼名刺を捨てる行為

この記事の画像(2枚)