鈴木おさむ氏、森三中・黒沢の新型コロナ経緯明かす 「粘って頼みこんで検査」

放送作家の鈴木おさむ氏が、コロナに感染した黒沢かずこについて言及。検査を受けるまでの苦労を明かした。

エンタメ

2020/04/04 16:20

森三中・黒沢かずこ

放送作家の鈴木おさむ氏が4日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルス感染が判明した、お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこについて言及。

「病院行っても、検査してくれなくて、粘って粘って、頼みこんで、やっと今週水曜日検査してくれたんです」と、検査を受けるまでの苦労を明かした。



 

■味覚と嗅覚に異常

所属事務所の吉本興業の発表によれば、黒沢は先月21日昼に発熱症状が見られ、その後回復するも味覚、嗅覚異常の症状のみが残存していたと説明。1日のCT検査で肺炎と診断され、その後PCR検査を受診したところ3日夜に新型コロナウイルス感染がわかったという。

21日の時点でコロナ感染していた可能性が高いが、まだその時点では判明していなかったため25日は撮影のため稼働。翌26日以降の仕事はすべてキャンセルしていたようだ。


関連記事:志村けん、新型コロナ陽性で入院中と公表 濃厚接触者も特定し自宅待機中

 

■「なかなか検査してくれない」

妻・大島美幸の相方が感染したことを受け、鈴木氏は「コロナは他人事じゃない! 黒沢、早く治して戻ってこれますように!」とエールを送った。

先月21日から発熱症状があっただけに「2週間放置」と声を上げるユーザーもいたようだが「そんなことない。味がしないという症状が出て、先週の木曜日26日から、自宅待機で仕事休んでます」と証言。

さらに「病院行っても、検査してくれなくて、粘って粘って、頼みこんで、やっと今週水曜日検査してくれたんです!」と説明し「なかなか検査してくれない! これが怖い!」と記した。


■ファンの声にも返信

鈴木氏は、コメント欄に寄せられたファンからの書き込みにも対応した。「重症でもないのにどうしてそんなに検査されたかったのかが分からない」という疑問の声に「まわりにうつしている可能性があります。それが一番こわいと思います」と反応。

病院に行く前に、保健所に連絡したか問われると「してます。その時点で熱が出てたりしないと検査できないと言われてます」とつづった。鈴木氏によって明かされた病院の実態。なにはともあれ、黒沢の一刻も早い回復を願うばかりだ。

・合わせて読みたい→高橋ユウ、夫のコロナ検査を希望 「手遅れが一番許せない」と激白

(文/しらべぇ編集部・RT