松屋の牛めし弁当で作る『牛丼寿司』が激ウマ ひと手間で超贅沢な料理に

松屋の牛めしを寿司にアレンジ!

グルメ

2020/04/05 13:30

吉野家の牛丼弁当で作る『吉野家ガーリックライス』など、牛丼マニアはそれぞれのアレンジメニューを持っている。だが、アレンジメニューのほとんどが炒める系の物なのは、牛丼マニアとしては黙っておけない部分である。

今回は牛丼マニアを自称する記者(私)が、なんと松屋の牛めし弁当をひと手間加えるだけで超贅沢な料理にしてしまう『牛丼寿司』の作り方をお教えしよう。


画像をもっと見る

 

■牛丼寿司の材料

用意するものは、松屋の牛めし弁当と、スーパーで売っているちらし寿司の素だけ。ちなみに、なぜ牛めし寿司でなく牛丼寿司かというと語呂が悪いので勝手にそう名付けた。

使うのがなぜ松屋の牛めし弁当なのかというと、松屋の牛めし弁当は具とごはんが別々になっており、汁が染みすぎることがない。また、松屋独自の黒七味が牛丼寿司にゆたかな香りを与えてくれるのである。


関連記事:吉野家社長が辿り着いた“究極の牛丼の食べ方”に反響 「社長セット出して」の声も

 

■作り方は簡単

まずは並盛の弁当1つに対し、1袋1.5合用のちらし寿司の素を入れて混ぜる。ごはんが冷めすぎてると混ざりが良くないので、完全に冷えている場合は少しレンジで温めよう。

ちらし寿司の具とごはんが混ざったら牛めしの具を入れ、さらに混ぜる。汁をすべて入れると少し水分が多くなりがちなので、様子を見つつ汁は入れてほしい。

次ページ
■レンジでチンして蒸し寿司風に

この記事の画像(8枚)