行方不明の4歳児を無事保護 ずっと寄り添っていた愛犬が話題に

寒い森の中で道に迷い、家に帰れなくなった4歳児。48時間も女児を見守り続けたのは、大事にしていた犬だった。

社会

2020/04/05 15:30

女児と犬
(Hakase_/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女の子が行方不明となり、多くの人々が捜索活動に参加。時間が経つにつれ「誘拐されたのではないか」「死んでしまったのではないか」という不安が募ったというが、女の子は愛犬に守られ生きていた。



 

■幼児の失踪

3月25日のこと、米国・アラバマ州で暮らすイヴリン・サイズちゃん(4)が愛犬ルーシーと共に姿を消した。

出かけたときは乳母と一緒だったというイヴリンちゃんだが、森の中を歩くうちにテンションがあがり走りだしたとのこと。あっという間に視界から消えてしまったイヴリンちゃんを、乳母はどうしても見つけることができなかった。


関連記事:ドローンが大活躍 極寒の森で迷った視覚障害者を33時間ぶりに保護

 

■大規模捜査がスタート

当局の要請に応じ、約400名のボランティアが捜索活動に参加。ヘリコプターも上空を飛び、森の中や周辺をくまなく探したという。

それでもイヴリンちゃんを発見できぬまま2日が経過し「最悪の結果になったのではないか」という声もあがり始めたが、懸命に捜索していたボランティアのひとりが犬の鳴き声に気づき、「イヴリンちゃんの犬に違いない」と確信したという。

次ページ
■発見された幼児の様子

この記事の画像(1枚)