マンション24階からリンゴ落下 乳児の頭に直撃し半身不随に

高層住宅がますます増えているのは日本も同じ。すべての住民が互いの安全のため気を付けなければならないことがある。

社会

2020/04/05 08:40

リンゴ
(nastenkapeka/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

春は風の強い日が多い。高層でなくとも団地やマンションに暮らす人々は、落下しそうなものがベランダに置かれていないか気を付けていることだろう。また誤って何かを落としてしまった時にも、その後を確認する義務があるはずだ。



 

■24階の高さからリンゴが…

中国・広東省東莞(とうかん)市で2018年3月9日、あるマンションの24階バルコニーから11歳の少女がリンゴを落としてしまった。

すぐ下には住民ほか複数の人がおり、落下したリンゴは祖母の腕に抱っこされていた生後3ヶ月の赤ちゃんのまだ柔らかい頭部を直撃。24階の高さから落ちてくるリンゴの破壊力はただごとではない。


関連記事:4人目の出産直後に死亡した女性 臓器提供で患者12人を救う

 

■黙っていた少女

その後、バルコニーからリンゴを落とした人物について捜査が開始された。リンゴが頭蓋骨に当たった鈍い衝突音や人々の悲鳴・絶叫などに気付かなかったとは考えにくいが、11歳の少女は自分が加害者であることを名乗り出ていなかった。

警察はリンゴの表面に付着していた物質についてDNA鑑定を行い、そこで24階に暮らす少女を特定。父親は記者会見で「娘はその日ひとりで留守番していた。愛犬に与えようとして誤って落としたと聞いている」と説明している。

次ページ
■医療費は220万円でも…

この記事の画像(1枚)