屋内禁煙で店から“排除”された紙巻タバコ派 「裏切られた」と吐露

4月1日から施行された改正健康増進法により、多くの店が原則店内禁煙に。そのなかでも「紙巻タバコ派」にとっては複雑な思いがあるようで…。

2020/04/06 05:30


タバコ
(1143700627/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

4月1日から施行された改正健康増進法により、多くの飲食店や事業所が原則店内禁煙となった。喫煙者にとってオアシスだった喫茶店からも、次々と灰皿が撤去されている。


 

■「紙巻タバコNG」の店も…

喫煙ルールは店舗によって異なるが、『iQOS』や『プルーム・テック』などの「加熱式タバコのみOK」という喫煙室もあるため、加熱式タバコユーザーにとっては肩身は多少狭くなったがさほど影響はないかもしれない。

しかし、紙巻タバコ派にとっては死活問題だ。愛煙家にとってはおなじみの『銀座ルノアール』では1日から全面禁煙、または紙巻タバコが禁止になっており、『ドトール』でも店舗によっては紙巻タバコが吸えないケースもある。ゆったりとタバコを吸えないという機会は間違いなく増えるだろう。


関連記事:タバコ休憩への苛立ちをゼロに 吸わない社員を意外な方法で優遇する会社

 

■紙巻タバコ派の本音

この状況について、紙巻タバコ派の人々はどう思っているのだろうか。しらべぇ取材班は、紙巻タバコをこよなく愛する都内在住の女性に話を聞いた。

改正健康増進法について率直な感想を聞くと、さまざまな店が全面禁煙になるにも関わらず喫煙所の設置がなかなか増えないことに不満を感じているという。「度重なるタバコの増税値上げに文句も言わず、それなりの金額を納めているわけで…払っている自覚があるからこそ、喫煙所の整備をきちんとしてほしいという気持ちになります」と話す。

次ページ
■紙巻タバコ“だけ”排除に疑問
喫煙タバコカフェ喫茶店屋内禁煙紙巻タバコ改正健康増進法
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ