DAIGO、志村どうぶつ園における自身の使命明かす 「園長の凄さを…」

タレントのDAIGOが4日、インスタグラムを更新。先月29日に肺炎で死去した志村けんさんとの2ショットを投稿し、「悔しいし、悲しい」と現在の心境を吐露した。

タレントのDAIGOが4日、インスタグラムを更新。先月29日に肺炎で死去した志村けんさんとの2ショットを投稿し、「志を受け継いで、しっかり頑張っていかなければいけないと思いました」と故人をしのんだ。



 

■「気持ちの整理がつかない」

View this post on Instagram

志村どうぶつ園の収録に園長がいない。気持ちの整理がつかないままスタジオに向かいました。 でも園長のVTRを観てると、パンくんやプリンちゃん、たくさんの動物たちを温かく大きな愛で包み込んで、いつも動物ファーストの園長がそこにいて、愛と笑いで満ち溢れていました。 悔しいし、悲しいし、園長がいなくなった事は信じられないけど、園長の志を受け継いで、しっかり頑張っていかなければいけないと思いました。そして園長の凄さを後世に語り継いでいくことが使命だと思います。 そのために志村どうぶつ園のメンバーとして K E T これからも 園長に ついていく ずっとついていきます。 本当にありがとうございました。 御冥福をお祈り申し上げます。 #志村けん 園長 @ken_shimura_bakatono67 #志村どうぶつ園

A post shared by DAIGO (@daigo_breakerz_) on

「志村どうぶつ園の収録に園長がいない。気持ちの整理がつかないままスタジオに向かいました」とコメントを添え、在りし日の志村さんと乾杯するオフショットをアップしたDAIGO。

レギュラーとして共演していた番組『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)での思い出を回顧しつつ、“園長”として番組を支えてきた志村さんの人柄、そして動物愛について心から敬意を表した上で、「園長の凄さを後世に語り継いでいくことが使命」と心境を明かした。


関連記事:さんま、『志村どうぶつ園』オファー来るも出演できず 「行っておけば…」と後悔

 

■過去の名シーンを放送

4日放送の同番組は、志村さんの生前をしのぶ特別編に変更され、過去のハイライトをレギュラー陣が見守る内容に。

番組内で人気を博したチンパンジー・パンくんとの出会いなど、志村さんが一生懸命動物と向き合う姿を改めて目の当たりにしたDAIGOは「園長は、本当に人間と動物という関係性を超越していた」と吐露し、番組中何度も目頭を抑えていた。


■慰めのコメントが

今回のインスタグラム投稿では、「これからも 園長に ついていく ずっとついていきます。本当にありがとうございました」と感謝の言葉で締めたDAIGO。

ファンからは志村さんの死を悲しむ声のほか、「これからも志村動物園盛り上げていってください」「園長はずっとDAIGOくんの中で生き続けます」「きっと見守っていてくれる!」とDAIGOを気遣う声も次々寄せられている。

・合わせて読みたい→『あいつ今何してる?』に志村けんが出演 回復を祈る声が殺到

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤