岡崎体育、放送事故レベルの『うちで踊ろう』動画が話題 「2回見直した」

シンガーソングライターの岡崎体育が、インスタグラムに星野源の『うちで踊ろう』を披露した。

岡崎体育

シンガーソングライターの岡崎体育が、6日にインスタグラムを更新。新型コロナウイルス拡大を受け、いま流行中の『うちで踊ろう』コラボ動画を投稿したところ、ほぼ放送事故レベルの展開にファンから「何回も見られる」「面白い」といったツッコミが寄せられている。



 

■『うちで踊ろう』が拡散中

『うちで踊ろう』は、星野が3日にインスタグラムに投稿した楽曲。外出自粛が要請されている中、外に出て感染拡大や感染リスクを高めるのではなく、自宅で安静に過ごそう、というメッセージが込められている。

星野は「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」とコメントを添えたため、歌手の三浦大知や、女優の高畑充希、石田ゆり子、タレントの鈴木紗理奈、渡辺直美らがSNS上で反応。

歌やダンスで曲を盛り上げるオリジナル動画が次々投稿され、SNSで爆発的に拡散している。


関連記事:石田ゆり子『うちで踊ろう』を熱唱 星野源と「デュオなんて緊張」

 

■トライアングル片手に…

View this post on Instagram

#うちで踊ろう

A post shared by 岡崎体育 (@okazaki_taiiku) on

岡崎もこの流れに乗った1人。星野が歌う動画に合わせ、岡崎は歌やダンスではなくトライアングルを手にし、セッションしようとしている。

曲に合わせて、一言も発することなくじっとタイミングを見計らう岡崎。時には打つようなそぶりを見せつつも音を鳴らすことなく、結局曲が終わっても一度としてトライアングルの音色が響くことはなかった。


■自分の目を疑う人も

まさかの結末に、コメント欄ではファンから「いや、鳴らさんのかーい」「いつくるかいつくるか…鳴らさない」とまさにごもっともなツッコミが続出した。

一方で、「ホントに鳴らなかった」「こんだけチーーンを待ったことないわ」「2回見直したけどやっぱり叩いてへんかってホッとした」と、自分の目を疑った人もいたようだ。

・合わせて読みたい→有吉弘行、狂気に満ちた手洗い動画にツッコミ 「目がやばすぎる」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部