パリス・ヒルトンやシャラポワも電話番号を公開 セレブと携帯でつながる動きが大反響

発言に強い影響力を持つ「セレブリティ」たち。新型コロナウイルスのパンデミックでも一役買ってくれている。

エンタメ

2020/04/08 09:40

電話
(anurakpong/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

3月上旬、滞在中のオーストラリアで、俳優で夫のトム・ハンクスとともに新型コロナウイルスに感染した女優のリタ・ウィルソン(63)。5年前に乳がんで両乳房を切除していた彼女は、新型肺炎が重症化するハイリスク群だったが見事に回復。

その際にSNSで見せたある取り組みが、今もセレブの間で広がりを続けていることがわかった。



 

■トム・ハンクス夫人が火付け役

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)を克服した3月下旬、リタ・ウィルソンはツイッターに1本の動画を投稿した。

自身の携帯電話番号を公開し、「コロナの不安と闘っている人は私の携帯電話の番号にメッセージを送って? つながりましょうよ」と呼びかけ、世間を仰天させた。

こんな時こそ皆で心をひとつにし、憎き新型コロナウイルスを打ち負かそう、そんな考えからの行動だという。


関連記事:日本サッカー協会・田嶋会長も感染 新型コロナ「陽性」と判明した著名人まとめ

 

■自主隔離も携帯電話さえあれば…

リタの取り組みはセレブたちにも大きな刺激を与えた。今年2月に現役を引退したテニスプレイヤーのマリア・シャラポワ(32)や、元祖お騒がせセレブのパリス・ヒルトン(39)など、世界的な有名人がインスタグラムやツイッターで自身の携帯電話の番号を続々と公開。話題となっている。

「寂しさや不安を感じたら誰かとつながることが大事。私にそんな気持ちを打ち明けてみて」「メッセージを送り合えばきっと楽しく時間をつぶせるわ」などと呼びかけるセレブたちの優しに、多くのファンが感動している様子だ。

次ページ
■セレブならではの力を発揮

この記事の画像(1枚)