シャープ、公式ツイッターが実施した取り組みに反響 「決意を感じた」

日々猛威を振るう新型コロナウイルス。そんな中、シャープ株式会社のツイッターが話題に。

エンタメ

2020/04/09 06:15

シャープ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出自粛や3密(密閉・密集・密接)を避けるよう呼びかけられている昨今。シャープ公式ツイッターアカウントの取り組みが注目を集めている。



 

■アイコンと自己紹介文に変化

白地に赤文字の社名を入れたロゴが特徴的なシャープ。しかし、現在のツイッターアイコンを見ると「家」という文字がロゴに堂々とかぶっている。

また、アカウントのプロフィール欄を見ると「シャープの公式アカウントです。様々な家電や企業の活動、その他あれこれを発信中」と書かれた自己紹介文。しかし文字と文字の間には異常なほどスペースが空いており、なんだか様子がおかしい。


関連記事:人気3人組YouTuber、外出自粛を受け… 「今後の活動」に称賛

 

■なぜこのような仕様に?

その理由について、しらべぇ編集部はシャープの広報担当に話を聞いた。広報担当者によるとアイコンに書かれた「家」の文字は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「外出自粛」を呼びかける意味を込めているとのこと。

さらに、自己紹介文については、「ソーシャルディスタンス(濃厚接触を避けるために人と距離を取ること)」を推奨するために文字と文字の間にスペースを入れているそうだ。


■SNSで反響相次ぐ

この取り組みに気がついたSNSユーザーからは、「シャープさんのアイコンが在宅勤務になってる」「シャープさんが全力でコロナと対峙してる」と反響が相次いで寄せられている。

また、ロゴを隠してまで外出自粛を呼びかけたことに対して「シャープさんの決意を感じた」「社名より家を強調する企業さすが」と称賛の声が寄せられた。

ユーモアを効かせながら、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかけたシャープ。「目の付け所」は流石の一言だ。

・合わせて読みたい→『ヤマト運輸』の新型コロナ対策に称賛相次ぐ 「これなら安心して…」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

この記事の画像(1枚)