新型コロナで困る親子に… ココイチ新作の「お持ち帰り専用弁当」がスゴかった

新型コロナウイルスの影響で学校休校が続くなか、カレーハウスCoCo壱番屋が子供がいる家庭に向けて『エール弁当』を販売。気になる中身は…

グルメ

2020/04/09 05:30

カレーハウスCoCo壱番屋

カレーハウスCoCo壱番屋が9日から、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、子供がいる家庭に向けたお持ち帰り専用メニュー『エール弁当』を販売した。



 

■税込み300円で2種類販売

販売される『エール弁当』は2種類。甘口カレーとライス200gは共通しているが、『エール弁当A』はフライドチキン2個とクリームコロッケ、『エール弁当B』は大豆ミートメンチカツとチキンナゲット2個というトッピング。

価格はいずれも税込みで300円で、CoCo壱番屋は「学校が休校される期間・地域を中心に、お求めやすい価格でご提供いたしますので、ご家庭の献立のひとつとしてご利用ください。」とコメントしている。なお、東京都など一部地域ではすでに販売していたが、9日からは全国の店舗で販売する。


関連記事:伝説的自販機弁当店『あらいやオートコーナー』 新型コロナに負けない人気がスゴい

 

■とにかくボリュームがスゴい

エール弁当A

「子供がいる家庭にとってこんなにも嬉しい話はない」と、記者(私)は近所のCoCo壱番屋で『エール弁当A』を購入。300円で親の財布にも優しいことも嬉しいが、もっと嬉しいのはやはり商品のボリュームだ。

ライス200gでこの量のトッピングは、育ち盛りの子供には嬉しい。実際に『エール弁当A』を食べた7歳の男児は「甘くておいしい。たくさん食べられてうれしい」と満足そうに話した。300円でこんなにも喜んでくれるなら、親としても大満足だ。


■子供がいる家庭におすすめ

外出自粛によって家族が自宅で過ごす時間が増え、子供たちだけでなく親にも多くの負担がかかっている。テイクアウトや宅配などで食事をとる機会も増えたのではないだろうか。また、購入の際に子供の来店や同伴は必要ないため、子供を外に連れて行くことなく安心して購入することができる。

なお、1回の注文で買えるのは3個まで。店舗によっては『エール弁当B』を取り扱っていない場合もあるため、購入の際には注意しよう。

休校・休園措置による、子供たちの1日3食作りはかなりの労力。少しでも負担を減らして子供と笑顔で接するためにも、ここぞというときには、『エール弁当』を利用してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→博多大吉、朝ドラ『エール』の子役に衝撃を受ける 「あの女の子って…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(2枚)