『スッキリ』緊急事態宣言でも出社する男性 その“理由”にスタジオ唖然

『スッキリ』の街頭インタビューに応じた男性が、出社していた理由……モーリー・ロバートソン氏のコメントに、多くの反響が

エンタメ

2020/04/09 13:30

加藤浩次

9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、7日に7都府県に緊急事態宣言が発令されたことを受けて、街の様子がどう変わったのかを街頭インタビューを交えて報道。

こうした状況でも出社せざるを得ないという男性の声を聞いた、モーリー・ロバートソン氏のコメントに、多くの反響が寄せられている。


画像をもっと見る

 

■以前と変わらず出社するサラリーマン

同番組では、緊急事態宣言から1夜明けた8日の16時頃、JR新橋駅前で実施した街頭インタビューの様子を放送。

ミーティングの時間を短くする、なるべく家で作業をするようにするなど、様々な工夫をしている人も見られた中、「仕事は全然変わらず」と答えた男性が。

その理由は「メールがあちこちから入ったりするので、やっぱり職場にいないと…」という事情があるためで、仕事関係の飲み会はなくなっているというが、業務自体は以前と変わらず、出社せざるを得ない状況のようだ。


関連記事:“緊急事態”でも働く店員たち 近藤春菜の一言に「救われた」「本当にそれ」

 

■モーリー氏「メールというのは…」

街頭インタビューの内容について、モーリー氏は「通勤者の方が『メールを受けたので、それに基づいて会社に行かざるを得ない』と言っていた。メールというのは、会社に行かなくて済むようにあるはずなんですよ…」と指摘。続けて「日本の働き方の構造の中に難しいものがあるなと感じました」とコメントした。

経営コンサルタント・坂口孝則氏は、「遠隔が難しい業種もあると思う」と前置きしつつ、「労働者の皆さんに言っても仕方がないんで、経団連や商工会議所のおじさん経営者たちに強く言って、リモートワークとか遠隔で仕事できるような職場環境を、本当に一刻でも早く築き上げたほうがいいと思う」と訴えた。

次ページ
■視聴者からも多くの反響

この記事の画像(3枚)