石田ゆり子、ウイルスとの戦いを語る 前向きな言葉に共感の声

石田ゆり子がインスタグラムにスーパームーンの写真を投稿し、新型コロナウイルスの感染拡大に関する現在の想いを語る

エンタメ

2020/04/10 07:30


 

■アウトドア派とインドア派の割合

投稿に「#stayhome」というタグを添えできる限り家で過ごす意思を示している石田だが、「ステイホームはなかなかの試練」という記述も見られる。

普段からアクティブなタイプにとっては、よりいっそう我慢を強いられることになる「外出自粛」。過去にしらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に「インドア派かアウトドア派どちらか」調査を実施したところ、70.5%と7割が「インドア派」と回答している。

インドア・アウトドア


関連記事:石田ゆり子、新型コロナにつていて連日言及 医師からのコメントに返信も

 

■ファン同士で励まし合う傾向も

石田のインスタグラムのコメント欄には「スーパームーンの力で陣痛が来ています。こんな事態でも生まれてくる命があることに幸せを感じます。絶対負けない、小さな尊い命を守ります。」という書き込みも寄せられている。

そんな書き込みに対し「がんばれ」「頑張ってください」という声が集まり、石田のインスタグラムをきっかけにファン同士で励まし合う様子も見られた。

・合わせて読みたい→石田ゆり子、ギター演奏中の動画を公開 真剣な表情が「少女みたい」

(文/しらべぇ編集部・星子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)