『ダウンタウンなう』西川貴教「人生の設計図をめちゃくちゃに…」 ダウンタウンへの不満爆発

『ダウンタウンなう』「本音でハシゴ酒」に西川貴教と堀田茜が出演。「音楽ができる芸人さん」のイメージが見られがちな西川が、「僕は犠牲者なんです」とダウンタウンへの不満をぶちまける。

エンタメ

2020/04/10 07:15

10日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」に、ミュージシャンの西川貴教と、モデルの堀田茜が登場する。


画像をもっと見る

 

■人生の設計図をむちゃくちゃに…

ダウンタウンと長年親交がある西川貴教は、登場するなり松本人志に「鮮度ないで! 白菜でいったらクッタクタやで」と新鮮みの無さを指摘されてタジタジに。神田愛花は西川のイメージについて「音楽ができる芸人さん」と語るが、西川は「違うよ! 僕は犠牲者なんです」と反論し、「ダウンタウンに人生の設計図をむちゃくちゃにされた」と訴える。

彼がデビュー直後に出演した『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』でダウンタウンから雑な扱いを受けたのがきっかけで、ミュージシャンにもかかわらず芸人のようなイメージがついてしまったよう。それが理由で、ある人たちから恨まれたり、街でも一般の人に絡まれることがあったりしたそうで、ダウンタウンへの積年の不満が爆発する。


関連記事:『ダウンタウンなう』梅宮辰夫さんがダウンタウンの番組を断らなかった理由は…

 

■知事の座を狙っている?

ダウンタウンなう
(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

そんな西川に、地元・滋賀県の知事の座を狙っているという疑惑が浮上する。彼は2008年から滋賀県ふるさと観光大使を務めているほか、滋賀県下最大の音楽イベント「イナズマロックフェス」を主催し、利益を県に寄付するなど地元に大きく貢献している。

しかしそれらは全て、西川が野望を果たすための布石なのではないかというタレコミが。彼は「いやいや」と否定するが、つかみどころのない彼の語り口に、坂上忍は「(西川は)ものすごく計算高そう」と彼を追い詰める。

そしてある人物からの核心をつくタレコミにより、西川は言い逃れできない状況に。松本に問い詰められた彼がとった行動に、一同は笑いの渦に包まれる。ダウンタウンと親交の深い西川ならではのテンポの良い掛け合いにも注目だ。

次ページ
■堀田茜、今までできつかった企画は…

この記事の画像(4枚)