志尊淳、緊急事態宣言後スーパーに行くと… 「街中の光景」に目を疑う

志尊淳が緊急事態宣言発令後久しぶりにスーパーに出かけると…。驚きの光景を目にした。

エンタメ

2020/04/10 07:45

志尊淳

9日、俳優の志尊淳が、自身のツイッターを更新。緊急事態宣言の発令後、スーパーへと出かけた際に目にした光景に驚きの声を上げた。



 

■「こんな感じなの?」と驚き

7日、東京都など7都府県で緊急事態宣言が発令された。2週間後には感染者数を減少させるために、強く外出自粛などが要請されている。

しかし、志尊が3日ぶりにスーパーへ出かけて辺りを見渡すと、「人がいっぱいのカフェ、いつも以上に人がいる公園、立ち読みだらけの本屋」という、とても緊急事態宣言発令後とは思えぬ光景が広がっていたそうだ。

志尊は目を疑ったようで、「え。歴史上初の緊急事態宣言ってこんな感じなの?」とコメントした。


関連記事:臨時休業を決意した書店 本を予約したい客が放った一言に感動

 

■ファンもショックを受ける

一日でも早く新型コロナウイルスが終息することを願いながら、外出自粛に徹している人がいる一方、未だ自粛モードに切り替えられていない人がいるのも事実。

このツイートを受けて、「すごく悔しい気持ちになりますよね」「危機感なさすぎて涙出ます…」と、ショックを受けた人からのリプライが相次いで寄せられた。


■4割以上が意識して「外出自粛」

人との接触を控えることで、大幅に感染者を減らすことができると言われているが、一体どれほどの人が意識できているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の10〜60代男女1,789名を対象に調査したところ、全体の43.3%が「新型コロナウイルス感染を恐れて外出を控えようと思う」と回答した。

ツイートの最後には、新型コロナウイルスの終息を目指して働く関係者に対して敬意を表した志尊。続けて「僕は変わらず自宅で戦います」と宣言した。

・合わせて読みたい→『緊急事態宣言』翌日の秋葉原 「アキバの象徴」激減に目を疑った

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月21日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)