全世界の新型コロナ死者が10万人を超える 感染者は160万人以上に

新型コロナウイルスによる死者数が、全世界累計で10万人を突破した。

社会

2020/04/11 05:40

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)

中国・武漢での流行をきっかけに全世界に拡散し、猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)による死亡者が、累計で10万人を突破した。

世界の感染・死亡・回復した人などのデータをリアルタイムに報じているウェブサイト『worldometer』によれば、11日5時時点での全世界における新型コロナ感染者数は累計1,684,640人、死者は102,059人となった。



 

■死者1万人以上が4ヶ国

これまでに1万人以上が死亡している国は、イタリア(18,849人)、米国(18,831人)、スペイン(15,970人)、フランス(13,197人)の4ヶ国。

また、累計感染者数が10万人を超えている国は、米国(493,426人)、スペイン(157,053人)、イタリア(147,577人)、フランス(124,869人)、ドイツ(120,157人)の5ヶ国となっている。

ジョンソン首相が集中治療室に入院したことでも注目を集めたイギリス(8,958人)や、中近東でもっとも感染者が多いイラン(4,232人)も、死者の累計がすでに”震源”となった中国を上回っった。


関連記事:医療従事者のコロナ感染死がイタリアで100名超える 疲弊と感染で自殺2名も

 

■36万人弱が回復

また、累計感染者のうち、現在も闘病中なのは1,207,360人。その4%にあたる49,774人が重症者だ。一方、375,221人の回復ないし退院が報告されている。

死者の累計が5万人を超えたのが今月3日。わずか1週間あまりで倍増したことになる。




・合わせて読みたい→新型コロナに感染した超高齢者たちが完全回復 100歳超える患者も話題に

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

この記事の画像(1枚)