5分あれば完成 100均アイテムで「縫わない簡易マスクの作り方」実践

100円ショップなどで比較的手に入りやすい材料で、縫わずにできるマスクの作り方を実践。外出自粛中にトライしてみては…?

2020/04/11 06:00

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、依然としてマスクが手に入りにくい状況が続いている。家で過ごす時間を利用して、「マスク作り」に挑戦してみようと考えている人も少なくないのでは。

しらべぇ編集部では、インターネット上で話題になっている「縫わないマスクの作り方」を、100円ショップなどで比較的手に入りやすい材料を使って実践してみたので、参考にしてみてほしい。


画像をもっと見る

 

■『キャンドゥ』の手ぬぐいが種類豊富

しらべぇ編集部では、季節感溢れる柄がかわいい100円ショップ『キャンドゥ』の手ぬぐいで実践。記者(私)が選んだデザインの1つは、様々な競技のイラストが描かれており、延期となってしまった東京五輪をどこか彷彿とさせる…。

キャンドゥの手ぬぐい

この他にも、現在キャンドゥでは夏らしい柄の手ぬぐいが販売されており、風流な絵柄が、外出自粛中の鬱々とした気持ちを晴れやかにしてくれそうだ。


関連記事:熊田曜子、身近なアイテムで手作りマスクを作成 「こんなに簡単なの!?」

 

■染色会社考案の縫わない作り方

「縫わない手ぬぐいマスクの作り方」を紹介しているのは、大阪府にある株式会社ナカニが手掛けるブランド「注染手ぬぐい にじゆら」。3月4日にYouTubeで動画を公開したところ、手軽さとわかりやすい手順がインターネット上で話題に。

こちらの方法では手ぬぐいを裂いてヒモを作るため、ゴムも必要なく、超不器用な記者が実践してみたところ…

簡易マスク

綺麗に処理されている商品を裂いてしまうことに少々罪悪感があったものの、耳にかけても痛くない簡易マスクが、5分もしないうちに完成してしまった。


■ヘアゴムで作るやり方も

https://www.instagram.com/p/B-qze7ThjLu/

また、無印良品がインスタグラムで紹介している「簡易マスクの作り方」では、手ぬぐいを切らずに作ることができる。なお、こちらはヘアゴムが2つ必要だ。

手ぬぐいを半分に折るとハンカチに近いサイズ感になるため、動画の手順に従って手ぬぐいを折り、ゴムを通し、調整していくと、顔のカーブにフィットする簡易マスクがあっという間に完成する。

本記事で紹介している動画はいずれも縫わずに、比較的手に入りやすい少ない材料で作ることができる。自宅で過ごす時間を利用して、トライしてみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→布マスクの正しい洗い方を実践したら… 「やってはいけないこと」に驚いた

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

無印良品キャンドゥ100円ショップ手ぬぐい簡易マスク注染手ぬぐいにじゆらナカニ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング