大型客船から乗客5名が海に身を投げる 新型コロナ発生の情報でパニックに

混雑し、逃げ場のない公共の乗り物では特にパニックが発生しがちだ。

社会

2020/04/12 08:20

クルーズ船
(michaeljung/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)が世界的に蔓延する今、誰もが不安や恐怖を抱えながらも仕方なく公共の乗り物に乗り込んでいる。特に飛行機や大型客船には「何かあってもすぐには逃げられない」という共通点がある。そんな中、インドネシア沖で…。



 

■恐怖で人はここまでする

インドネシア東カリマンタン州のタラカンを離れ、マサッカル海峡を南下する国営船舶会社の大型客船「KMランベル号」。このほど233人の客を乗せ航海中だったランベル号の甲板から、乗客5名が次々と海に身を投げた。

「乗組員3名が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性と判明」という情報が流れたことがきっかけだったといい、感染の恐怖からパニックに陥った人々の衝動的な行動や切羽詰まった心理に関心が寄せられている。


関連記事:香港発クルーズ船・ウエステルダム号 新型コロナ検査で邦人乗客4人は陰性

 

■コロナ発生で事態は急変

ランベル号の乗客のほとんどが、カリマンタン島(ボルネオ島)を共有するマレーシアのサバ州などで出稼ぎをしていたインドネシア国籍の人々で、もしもの感染に備えるため故郷に戻りたいという人で客船は混雑していた。

彼らの下船が予定されていたのは東ヌサ・トゥンガラ州フローレス島のマウメレ港。しかし新型コロナ感染者が現れたことで、「港側がKMランベル号の停泊を拒否した」との情報が流れたという。

次ページ
■「今すぐ逃げ出したい」と乗客

この記事の画像(1枚)