アマゾン先住民族で若者が続々と新型コロナに 免疫力が弱く多くが重症化か

かつてアマゾンの多くの先住民族を絶滅の危機にさらしたのは、はしかやマラリアだった。今の彼らは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)との闘いを強いられている。

社会

2020/04/12 08:40


 

■脆弱な免疫系と森林火災と

栄養の偏りや貧血の問題を抱えている子供も多く、免疫系が脆弱でウイルスや細菌に弱いとされる先住民族たち。医療も行き届かないなか、共同生活のせいで病気があっという間に流行するため、はしかやマラリアと同様、呼吸器感染症の流行は部族の絶滅につながると恐れられてきた。

また長引くアマゾン森林火災で、多くの人が呼吸器にダメージを負ったとも考えられている。もしも新型コロナに感染すれば、肺炎の重症化は避けられないとみる専門家も少なくない。


関連記事:医療従事者のコロナ感染死がイタリアで100名超える 疲弊と感染で自殺2名も

 

■保護区で増える不法侵入

20世紀半ばまでは完全なる隔離が保たれていたが、ヤノマミ族の保護区に関しては近年、金の違法な採掘を目的に何千という白人が侵入していると報じられている。

なおアマゾナス州全体では900人超の新型コロナ感染者を確認。保健当局は「重症肺炎は州都マナウスの病院でしか対応できず、集中治療室はすべて満床。人工呼吸器も空きがない」と発表している。

・合わせて読みたい→新型コロナ感染も認知症やダウン症があれば治療は後回し? 米国で抗議の声

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)