普通の主婦から美しい殺人鬼へ 小池栄子の怪演に称賛「抱かれたい」

女優の小池栄子が殺人鬼に!普通の主婦からの変貌ぶりが大きな話題に。

エンタメ

2020/04/13 17:40

12日から放送開始のドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)に、女優の小池栄子が出演。普通の主婦から殺人鬼に様変わりする怪演っぷりを見せつけ、「怖い」「最高に美しい」と大きな話題を呼んでいる。



 

■探偵と美しき殺人鬼の攻防戦

東村アキコ氏による漫画『美食探偵ー明智五郎ー』(集英社)を原作とした本作。俳優の中村倫也演じる美食探偵・明智五郎が“食”にまつわる殺人事件を“食”を通じて暴いていくサスペンスストーリーだ。

小池は明智(中村)との出会いを機に普通の主婦から殺人鬼へと変貌した美女・自称「マグダラのマリア」役を演じる。(以下、第1話ネタバレあり)


関連記事:『ホンマでっか』大泉洋に対する専門家の発言に違和感 「かわいそう」

 

■浮気調査を依頼

探偵の明智、及び後に事件に巻き込まれる小林苺(小芝風花)の元にやってきた主婦(小池)の依頼は「夫の浮気調査」。

毎日違う食べ物の匂いを付けて帰ってくるという夫を怪しんでいるという彼女は自分は10年間夫の言いつけ通り毎日代わり映えのない魚料理を作り続けていた。夫は変化を嫌う為、スパイスや香草の匂いがするのは何かやましいことがあるのでは…と考えていることを明かす。

明智の調査により、彼女の夫は若い女の家で毎日1時間のランチタイムを過ごしていることが判明。調査報告ついでに主婦の料理を口にした彼は、「これからは本当のあなたをもっと自由に解き放つべきだ」と声をかけ、事件は幕を閉じるはずだった。

次ページ
■数日後に夫は惨殺

この記事の画像(1枚)