まもなく配送か 「布マスクを2枚配る理由」を厚労省が回答

賛否両論を巻き起こしている「布マスク2枚」が、まもなく配送予定。厚生労働省が、様々な疑問に回答している

話題

2020/04/14 06:00

洗濯中の布マスク
(laymul/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

安倍晋三首相が、新型コロナウイルス対策として打ち出した「全世帯への布マスク2枚配布」。

厚生労働省によると、配布時期は「4月12日(日)の週後半以降、感染者数が多い都道府県から順次、配送を開始する予定」とされており、いよいよ我々の手元に届く日が近づいている。



 

■布マスクを2枚配布するのはなぜ?

厚労省では「布マスクの全戸配布に関するQ&A」というページを開設し、よくある質問への回答を公表している。

布マスクを2枚配布する理由については「布製マスクは、使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで再利用可能」であるため、「店頭でのマスク品薄が続く現状を踏まえて、確保の目途が立った布製マスクを、国民の皆様に幅広く、速やかに配布するために、日本郵便の配送網を活用し、全国の世帯に向けて、1住所当たり2枚ずつ配布することとしたもの」であると説明している。


関連記事:布マスクの正しい洗い方を実践したら… 「やってはいけないこと」に驚いた

 

■2枚で足りない家庭はどうすれば?

また、2枚だけでは家族人数分は足りないという家庭への対応については、「小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等には4月中旬から順次、布製マスクを配布し、児童生徒に配布する予定」であるとも説明。

「介護施設、障害者施設等の利用者向けに、介護施設、障害者施設等に対し4月上旬までに布製マスクを配布」している他、「なお不足する世帯への対応方法については、現在検討中ですが、全世帯向けに1住所当たり2枚を配布し終える5月中旬を目途に受付を開始することを予定」しているという。

次ページ
■ぶっちゃけ布マスクの効果は?

この記事の画像(1枚)