新型コロナでピンチでも頑張る飲食店の弁当を勝手に紹介 中板橋『すけろく商店』

新型コロナウイルスで客足が遠のく中頑張る飲食店の弁当を勝手に紹介

グルメ

2020/04/14 11:30

新型コロナウイルスの影響により客足が遠のき、ピンチになっている飲食店は多い。しかしそんな中でも美味しい弁当や総菜をテイクアウト用に作り、工夫をして頑張っている店もある。

そんな頑張る飲食店の弁当や総菜を勝手に紹介するシリーズ、3回目は板橋区の中板橋駅近くにある居酒屋『すけろく商店』の弁当をご紹介しよう。


画像をもっと見る

 

■弁当はALL300円

すけろく商店の弁当はすべて税込み300円で、ご飯大盛りの場合はプラス50円。内容はタイミングによって変わるらしく、行くたびに楽しさがある。

しかし、300円の弁当なんてかなり安い値段設定だし、こんなご時世なのでちょっと少なめなのでは…? と思っていたが、その予想は完全に誤っていた。

記者が購入したからあげ弁当とネギ塩豚丼は、両方持つとずっしり重さを感じるほど。さっそくフタを開けてみると…!!


関連記事:新型コロナでピンチでも頑張る飲食店の”弁当”を勝手に紹介 1回目『あじ〇』

 

■オーソドックスながらウマいからあげ

からあげ弁当はデカいからあげと、コンビニ弁当よりも多めに盛られたご飯の組み合わせが嬉しい! しかも丁寧にレモンまでついている。

からあげはオーソドックスな味付けながら非常にジューシーで、300円とは思えないレベル。弁当店の500円前後のからあげ弁当に勝るとも劣らない味とボリュームだ。

次ページ
■300円とは思えない量の豚丼

この記事の画像(7枚)