インリン、10年かけて家族から説得されたこと 「気合い入れとかないと」

タレントのインリン・オブ・ジョイトイがブログを更新。家族から10年以上かけて説得され、犬を飼うことになったことを明かした。

エンタメ

2020/04/14 18:00


 

■「案ずるより産むが易し」との声も

今回のブログに対し、コメント欄では「私も母親が動物嫌いでしたので動物は苦手です。犬や猫と上手に遊ぶ人を見ると少し羨ましくなります」「ウチの家内も子供の頃犬に追いかけられたそうで犬が触れず嫌いでした」など共感の声が寄せられることに。

しかし、一方では「うちも私以外、犬苦手の家族でしたが、私が犬好きで説得し飼い始め、犬が家族になってからすぐにかわいくてかわいくて溺愛してます」「案ずるより産むが易しですよ」など、一緒に住み始めたことですっかり犬好きになったという報告も。


関連記事:犬・猫食を禁止する中国・深セン市 6月の「犬肉祭り」は存続するか

 

■犬で怖い思いをした経験は…

犬好きにはなかなか理解できない感覚かもしれないが、犬が苦手という人は珍しくない。インリンのように野良犬に追われた人もいれば、散歩中の犬の行動がトラウマにつながることもある。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1,880名を対象に調査したところ、全体の22.2%が「犬の散歩に遭遇して怖い思いをした経験がある」と回答した。

犬の散歩に遭遇して恐怖体験

とくに10〜20代男性と50代女性で目立ち、いずれも3割に迫っている。

犬の散歩に遭遇して恐怖体験

はたして、インリンは犬好きになることができるのか。進捗を見守りたい。

・合わせて読みたい→新型コロナウイルスのデマ原因か 飼い主たちがペットを殺す事態に

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)