Google、コロナ最前線で働く人へのメッセージに感動の声 「泣けます」

検索大手Googleが、検索サイトトップページで示しているメッセージが話題を呼んでいる。

社会

2020/04/15 17:20

マスク
(Mimai Mig/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染拡大の中でも、医療現場や公共交通機関などで働く人が世界中にいる。

大手検索サイトGoogleは、サイト上で彼らに感謝の意を示しており、その内容にSNS上では「泣けます」などと称賛の声が寄せられている。



 

■公共交通機関で働く人に…

Google Japanは9日、感染拡大防止に努め、最前線で働く人に感謝の意を示そうと、Google検索窓の上にあるアイコン、通称「Doodle」のデザインを変更したとツイート。「Doodle」は、直訳すると「いたずら書き」。だが、Googleではこれまで、記念日や祝日にのみ、アイコンという形で楽しくイジってきた愛ある言葉なのだ。

Google検索トップ画面を見ると、15日13時現在、「Thank You:Public transportation workers(公共交通機関で働くみんな、ありがとう)」と表示されており、新型コロナウイルスが蔓延する中でも奮闘する交通機関関係者に贈ったメッセージだとわかる。

続けて、「As COVID-19 continues to impact communities around the world, people are coming together to help one another now more than ever. We’re launching a Doodle series to recognize and honor many of those on the front lines.(新型コロナウイルスが世界中に猛威をふるい続けている中、これまで以上に人々はお互いを助け合おうとしている。Googleでは、医療現場、公共交通機関など最前線にいる多くの人を知ってもらい、敬意を示そうと、新たなロゴのいたずら書きを始めています)」とつづったのだ。


関連記事:工藤静香、バスや電車内での咳に怒り 「マスクが品切れならば…」

 

■Yahoo!も同様の取り組み

Googleと並び、検索サイト大手として知られるYahoo!JAPANもこうした取り組みを行なっている。

東京都など7都府県を対象に発令された緊急事態宣言の翌日となる8日、同社は「Yahoo! JAPANのPC版トップページでも #はなれて過ごそう のメッセージをお伝えしています」とツイートし、ソーシャルディスタンスの重要性をイラストを使って啓発。リプライ欄には「終わるまで続けてほしい」といった願いが寄せられていた。


■称賛、共感の声

今回のGoogleの取り組みに対して、「嬉しい心遣い」「癒しだな~」と称賛の声があがっている。

一方で、「様々な方々への感謝を忘れず、お互い乗り切りましょう」と、Googleのメッセージに共感する声も寄せられていた。

・合わせて読みたい→乙武洋匡氏、咳に対する過剰反応に苦言 「鬼のような形相で睨みつけるのやめよう」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

この記事の画像(1枚)