りそな銀行の新型コロナ感染予防対策が話題に 「かわいくて癒やされる」

りそな銀行のソーシャルディスタンスがSNS上で話題に。それが実施された背景とは…

話題

2020/04/16 11:30

りそな銀行
(写真提供 りそなホールディングス)

新型コロナ感染拡大防止のため、テレビでも、ソーシャルディスタンス(疾病の感染拡大を防ぐため、意図的に人と人との物理的距離を保つこと)の光景が、日常的に見られるようになってきた。そんな中、りそな銀行のソーシャルディスタンスが、SNS上で話題になっている。

しらべぇ取材班は、りそなホールディングスから詳しい話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■ロビー担当パートナー社員のアイデア

りそなホールディングス・コーポレートコミュニケーション部柿澤氏によると、これはりそな銀行のある店舗で実施されているが、全店舗で行っている訳ではないという。この店舗内で、「お客さま同士の適切な距離をどう取っていけばいいか」を検討していた。

もともと、椅子を切り離すことはできない設計のため、真ん中の席のクッションを取り外すことを試みたが、見栄えが悪かった。

そんなときに、ロビー担当のパートナー社員から、「真ん中の席に、りそにゃ(りそなグループのコミュニケーションキャラクター)を置いてみたらどうか」というアイデアが出された。


関連記事:TERU、コロナ感染防ぐ「ソーシャルディスタンス」説明図に誰もが納得

 

■ツイッターでも大反響

実際に試したところ、来店客から、「かわいい」という意見が多くあがったとのこと。りそにゃが置いてある席に客が座ることもないという。

りそな銀行
(写真提供 りそなホールディングス)

この風景は、ツイッターでも紹介されて、15日午後5時半現在、1.6万件のいいねが押されている。


■アプリを使うことでおうちに

また、りそなグループは、ロゴを離した「ソーシャルディスタンスロゴ」をキーに、ソーシャルディスタンスに関する特設ホームページを開設した。

りそな銀行
(画像提供 りそなホールディングス)

具体的には、「#うちで過ごそう」が実現可能になるように、りそなグループアプリを使うことで、ATMに行かずに入出金明細や残高の確認、振り込みができる。りそなグループアプリは、現在までに、200万以上ダウンロードされているという。

・合わせて読みたい→ヒカキン、東京の新型コロナ最多感染に「本当にまずい」 SNSで警鐘

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(3枚)