『スッキリ』消毒用エタノールで“掃除”特集に波紋 「なぜこの時期に…」

『スッキリ』風呂場の汚れを落とす便利なテクニックが紹介されたが、視聴者からは「なぜ今?」と疑問の声が相次いでいるようだ。

話題

2020/04/16 12:30

(写真はイメージです)

報道番組では連日、新型コロナウイルスに関する情報が多く取り上げられている。もちろん話題は「コロナ一色」というわけではなく、合間合間に別の話題を入れ込むなど各局で工夫しているようだ。

しかし16日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)のピックアップした特集を受け、「今放送すべきではないのでは…」と視聴者からは疑問の声が相次いでいる。



 

■身近なアイテムを使って…

国内感染者数の推移や病院の対応など、新型コロナに対する情報を取り扱った後で、『スッキリ』は話題を掃除に変更。清潔さをキープするのが難しい、水まわりの掃除に関する裏ワザを紹介していった。

水道にできやすい水アカやカビを落とすには、クエン酸をたっぷりふりかけてデニム生地で擦ると簡単に落とせるといった風に、思わぬテクニックが登場した。


関連記事:高濃度アルコール発売の若鶴酒造に電話殺到 回線パンク回避の「お願い」

 

■便利な情報ではあるが…

しかし問題なのは、この次に紹介された裏ワザ。脱衣所の扉や風呂蓋にできやすいカビを落とすため、「消毒用エタノール」とラップを使用する方法が見られた。

綺麗にしたい箇所にエタノールを吹きかけ、垂れないようにラップで密閉。10分間置いた後で、剥がす際にラップでゴシゴシ磨くと汚れが綺麗にとれるようだ。


■「なぜこの時期に?」と疑問の声続出

登場したアイテムは確かに、手に入りやすい日用品ばかり。しかし新型コロナの影響を受け、消毒用エタノールは今や完全に品薄状態となっている。

そのため視聴者からは「いや…そのエタノールが手に入らないんですけど」「お風呂場汚れたままでも良いから、むしろエタノールが欲しいわ」「今一番欲しいものなんだよね…」など疑問の声が続出。

中には「なぜこの時期に放送したの? 無理に流さなくても良かったんじゃ?」「これでまた消毒用エタノールの買い占めが酷くなったら困る」といった指摘の声も散見された。

便利なテクニックであることは間違いないが、時期が悪かったといえるだろう。

・合わせて読みたい→アルコール消毒液が足りない… あの「サントリー」が動いていた

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ