『クレしん』野原ひろし役など 藤原啓治さん死去に「早すぎる」の声

『クレヨンしんちゃん』野原ひろし役などで知られる声優・藤原啓治さんが、今月12日に亡くなったことが伝えられた

エンタメ

2020/04/16 17:25

空
(lukyeee1976/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役などで知られる声優・藤原啓治さんが、今月12日に死去した。55歳だった。

16日、野原さんが代表取締役を務める「AIR AGENCY」が公式サイトで訃報を伝え、悲しみの声が広がっている。



 

■がんにより逝去

公式サイトでは同日「弊社代表取締役及び所属声優である藤原啓治が 癌のためかねてより闘病中のところ令和2年4月12日満55歳で逝去いたしました」と報告。

「ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに 謹んでお知らせ申し上げます」とし、「尚 通夜及び告別式につきましては親族のみにて執り行われました 誠に勝手ながらご香典ご供花の儀はご辞退申し上げます」と記している。


関連記事:志村けんさん死去、地元・東村山市長と市民から哀悼の声相次ぐ

 

■数々の名キャラクターたちを担当

藤原さんは、国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役をはじめ、アニメや海外映画やドラマの吹き替えなど、幅広く活躍。

『アベンジャーズ』シリーズなどではロバート・ダウニー・Jr.の吹き替えを担当し、公開延期となっている『ドクター・ドリトル』の日本語吹き替え版でも、ダウニー・Jr.演じる主人公を演じていた。


■「早すぎる」悲しみ広がる

数々の名作を通じて、多くの人々に愛されてきた藤原さん。突然の訃報に、インターネット上では藤原さんが演じていた「野原ひろし」などのキャラクターがトレンド入りを果たした。

ファンからは「もうあの声を聞けないのが非常に残念。 ご冥福をお祈りします」「藤原啓治さん55歳なんて早すぎる…」「藤原啓治さんが演じたやっぱり野原ひろしが1番大好きです」「本当に大好きな声優さんでした。ご冥福をお祈りします」など、哀悼の声がつぶやかれている。

・合わせて読みたい→藤原史織、最後の『行列』出演で涙 「ブルゾンちえみは賞味期限あると思っていた」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)