大塚愛、コロナ影響で… 自宅テラスにテントを張った理由がスゴい

外出自粛が要請されている中、自宅のテラスにテントを出したという大塚愛。その理由と効果に多くの反響が

エンタメ

2020/04/17 14:00

シンガー・ソングライターの大塚愛が、16日に自身のツイッターとインスタグラムを更新。自宅テラスにテントを張ったことを報告し、その理由と効果に反響が寄せられている。



 

■子供のやる気スイッチをオンに

インスタグラムとツイッターそれぞれに、テントの中で過ごす写真をアップした大塚。インスタグラムには「テントの中のラプンツェル大会」とあるが、自身の気分転換以外にも、大きな理由があったよう。

ツイッターを見てみると、「家のテラスにテントをだしたら、子供がやっと宿題した。むしろすすんでやりだした。子どもあるあるかしら」とあり、子供の勉強をはかどらせる狙いもあったようで、見事絶大な効果を発揮したようだ。


関連記事:大塚愛に「母としてすごすぎる」の声 『鬼滅の刃』主題歌を圧巻演奏

 

■広いテラスとアイデアに反響

大塚の優雅な自宅での過ごし方がうかがえるインスタグラムの投稿には、「お家にテラス! 最高ですね」「楽しそう! リアルどうぶつの森ですね(笑)」といった反響が。

一方で、気分転換と子供の勉強のためだったことが分かるツイッターには「やる気スイッチが点灯した」「案外、部屋の中じゃなくて別の場所の方が宿題や課題が進みますよね笑」など、大塚の秘策を称賛する声が上がっている。

中には「あるあるですね! うちの3才になる息子は歯磨き嫌々ですがボールテントの中ならやってくれます(笑)」とのコメントもあり、多くの親が様々な工夫を凝らしながら育児に励んでいる状況がうかがえる。


■約6割子育ては「楽しい」

不安な状況が続く中でも、子供との「おうち時間」を楽しんでいる様子の大塚。なお、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の子供のいる男女657名を対象に実施した意識調査では、全体で約6割の人が「子育ては楽しいと思う」と回答していた。

子育ての調査

様々な行動が制限され、大人も子供もストレスが溜まっているはず。大塚がしたように、テラスにテントを出すのは難しいかもしれないが、何かちょっとした工夫で少しでも楽しく過ごすことができないか、家族で色々と試してみるのも良いかもしれない。

・合わせて読みたい→中尾明慶、育児に協力しなかったことを反省 「妻と子供を置いて…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国20~60代の子供がいる男女657名(有効回答数)