坂上忍、緊急事態宣言の解除まで「個人収入を全額寄付」 決断の経緯も明かす

坂上忍が、コロナ感染拡大による緊急事態宣言が解除されるまで、個人の収入は全額寄付しタダ働きすると表明。

エンタメ

2020/04/17 20:00

坂上忍

俳優の坂上忍が17日、自身のブログを更新。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が解除されるまで、個人の収入は全額寄付し「タダ働きをする」意向を表明した。



 

■「タダ働きをすることに決めました」

坂上は「本来ならば何回も書き直してお伝えするべきことなのかもしれませんが、勢いで書かないと余計なことを考えてしまいそうなので、不快な点があった際はご容赦ください」と前置きしながら、「タダ働きをすることに決めました」と報告。

タダ働きをする期間は、緊急事態宣言が解除されるまでだといい、「ボクが得る収入はなにかしらの形で寄付をさせて頂くことに決めました」と伝えた。


関連記事:松嶋尚美、生放送で「昨日友達と遊んじゃって…」発言 スタジオ騒然

 

■寄付を決意した理由

コロナウイルスが世間をにぎわせるようになってからも、MCを務める『バイキング』(フジテレビ系)に出演し続けてきたが、「どこかで違和感を覚え、座りの悪い状態が続いておりました」と理由を説明。

「もちろん情報番組として発信し続ける、国家権力を国民の皆様が監視する為の、ささやかな橋渡し的役割ということは理解しているのですが、どうにもこうにも、その理由だけでは足りない気持ちになってしまいまして」と複雑な心境を明かしながら、寄付をする決断に至った経緯を文字に。

その上で「あくまでもボク個人の収入に関しては緊急事態宣言が解除されるまで、全て寄付をさせて頂くということです」とあらためてつづった。

次ページ
■感謝&称賛の声