新型コロナで大打撃のゲーセン『中野TRF』  店長の退職は「未来のため」だった

どこかレトロな雰囲気が漂う街・中野にて愛されるゲームセンター『中野TRF』が、新型コロナによって直面した危機とは…。

話題

2020/04/18 12:30

中野TRF

日本が誇るポップカルチャーやサブカルチャーがごった煮となっているのが、東京都・中野区にある『中野ブロードウェイ』。初めて訪れた人は、そのあまりの濃ゆい空間に驚かされることだろう。

そんな中野ブロードウェイの4階に位置し、格闘ゲームの隆盛を見守ってきた聖地『中野TRF』も今回の新型コロナウイルスの影響を大きく受けてしまった。


画像をもっと見る

 

■中野TRFとは

中野TRF

「えっ、ここがゲーセンなの?」と思わず勘繰ってしまいそうなほどこじんまりとした敷地だが、数々の格ゲータイトルを盛り上げてきた実績のある名店。例えば同名の少年漫画を原作とし、2005年より稼働した『北斗の拳』は、同店にとって代名詞ともいえる存在だ。

あまりに大味すぎる同タイトルは稼働してすぐに「糞ゲー」の烙印を押されるに至ったが、先人たちが偉大なる研鑽を積み、一周回ってバランスの良い「神ゲー」へと昇格。現在では「世紀末ゲー」とも称され、中野TRFからは大勢の有名プレイヤーが輩出された。

中野TRF

また『北斗』以外にも様々なタイトルを盛り上げてきた実績を持っている。ここ最近では『ストリートファイター4』シリーズにも力を入れており、中野TRFでは同シリーズの最終調整版である『ウルトラストリートファイター4』(ウル4)のイベントが、今年に入ってからもプレイヤー主導で徐々に盛り上がってきているという。

しかし、そんな最中に新型コロナの影響を受け、同店は4月5日から「休業」の状態に。さらに現店長・長山氏の退職も発表され、多くのゲーマーに衝撃を与えている。現場で一体何が起こっているのかを確認すべく、しらべぇ編集部が直撃インタビューを試みた。


関連記事:松本まりか、闇だらけの中学時代を告白 「中野の美女四天王」「元彼に殴りかかり…」

 

■現店長の思い

中野TRF

記者がインタビューでお店を訪れたのは、今月10日のこと。ちょうど東京都から「感染拡大防止協力金」の対象施設が発表され、「ゲーセンも対象に含まれる」という発表がされたばかりであった。

———早速ですが、退職を決意されるまでの経緯を聞かせて頂けないでしょうか。

長山氏:お店を閉めている間も当然、家賃などの費用は発生し続けるのですが、その中でも「人件費」にかかるコストを削ろうと考え、今月末での退社を決意しました。もちろん店の存続を大切にしたいという気持ちも強いのですが、コロナの影響がいつまであるか分からないので、「家族を養っていく」ことを考えて一旦しっかりと就活しようと考えています。


就いた先で兼業が可能であれば、中野TRFにはちょくちょく顔を出したいとは思っています。まあ…転職先次第ですけど(笑)

次ページ
■大事なのは「過疎の経験」があるか

この記事の画像(8枚)