政府配布の布マスク2枚に「小さくない?」と疑問続出 厚労省の回答は…

全世帯に順次配布されることが決まった布マスク2枚だが、「サイズが小さいのではないか」との疑問の声も…。この件について、厚生労働省がホームページで回答した。

社会

2020/04/18 05:30

洗濯中の布マスク
(laymul/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

新型コロナウイルスの影響によってマスク不足が続いていることから、安倍晋三首相は17日朝からすべての世帯に布マスク2枚の配布を開始。しかし、この布マスクをめぐっては「サイズが小さくない?」「小さいように見えるけど意味あるの?」といった疑問の声が相次いでいる。

厚生労働省は同日、ホームページを更新。15の質問に対してQ&A形式で回答した。



 

■サイズは「大人用」

「布製マスクのサイズが小さいと思うのですが、大人用ですか」との質問に、厚労省は「洗濯可能で繰り返し使える布製マスクは、せきやくしゃみなどの飛散を防ぐことや、手指を口や鼻に触れるのを防ぐことにより、感染拡大の防止に役立つものと考えております」と回答。

口や鼻がしっかりと覆われることが重要ということだ。今回配布する布マスクのサイズについて「縦9.5cm、横13.5cmの市販品の大人用」とのことで、「口と鼻を覆うために十分な大きさであると考えております」とした。


関連記事:『めざまし』批判相次ぐ「布マスク2枚」 佐野アナが放った言葉に称賛

 

■その他の質問にも回答

厚労省は、その他にも「布マスクを2枚配布するのはなぜ?」「2枚で足りない家庭はどうすれば?」「布マスクの効果は?」といった質問にも回答。また、布マスクの手入れ方法なども記載されている。

肝心の布マスクが届く時期だが、感染者数が多い都道府県から順次、配送を開始して5月中に配送を完了する予定。配布状況については「布製マスク全戸配布状況」のページから確認できる。


■「マスク不足」の救いとなるか

多くの芸能人もコメントするなど、いまだ物議を醸している布マスク2枚配布問題。賛否の声があるが、マスクが足りないという人もいるため、届いたからには大切に使いたいもの。

布マスクの特性上、1日に1回の手洗いが必要だが、正しい洗い方を理解して有効活用してほしい。

・合わせて読みたい→『スッキリ』近藤春菜、布マスク2枚配布に本音 「そのお金…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一