コロナ感染のゴリけんと共演したお笑いコンビ・パラシュート部隊 濃厚接触者のリアル伝える

パラシュート部隊がYouTubeチャンネルを更新。濃厚接触者となってから陰性と診断されるまでの、リアルな生活ぶりを伝えた。

エンタメ

2020/04/18 18:00

パラシュート部隊
(©パラシュート部隊チャンネル)

お笑いコンビ「パラシュート部隊」の斉藤優と矢野ぺぺが17日、コンビのYouTubeチャンネルを更新。新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となってから陰性と診断されるまでの、リアルな生活ぶりを伝えた。



 

■ゴリけん感染で濃厚接触者に

今月6日、お笑いタレント・ゴリけんがコロナウイルスに感染したことが発覚。2日前に『ゴリパラ見聞録』(TNCテレビ西日本)で共演していたパラシュート部隊は濃厚接触者となり、自宅待機に。その後、PCR検査を受けた結果、陰性と診断された。

この日は、その間にどのような心境で生活を送ってきたかを説明。

まず、ゴリけんの感染が発覚した当時について切り出し、マネジャーから「そのまま家から一歩も外に出ないでくれ」と言われたという斉藤は「ニュースで見てたコロナとは衝撃が全然違った」、矢野は「すぐそこまで来ているんだって実感した」と、それぞれ恐怖を感じたことを明かした。


関連記事:東京・大田区の特養老人ホーム職員が新型コロナに感染 「PCR検査対象者は約70名」

 

■検査が受けられると分かっても…

自宅待機になってからも不安は続いた。6日の段階で、いつ検査を受けれるか分からなかったそうで、斉藤は「俺が陰性か陽性かによっては家族にかける心配もあるし、2日間で関わってきた人たちの生活もあるから、早くしてくれよって気持ちはあった」という。

7日には検査が受けれると分かったが「実際に受けるってなっても不安。ちょっと怖くなかった?」と回顧すると、矢野も「決まった途端、焦りだしたよね。ドキドキが止まらなかった」と同調。

その後も、咳や寒気がしただけで頭の中にコロナがよぎるほど神経質になってしまったことを告白した。

次ページ
■濃厚接触者になって感じたこと

この記事の画像(1枚)