帝王切開直後の赤ちゃんから新型コロナウイルス 胎内感染の可能性も

このほどペルーで、新型コロナウイルスを母親の胎内で感染した疑いのある赤ちゃんが誕生した。幸い症状もなく、とても元気だという。

社会

2020/04/19 07:45


 

■「稀に母子感染も」と専門家

子宮内で赤ちゃんが胎盤を通じてウイルスに感染すること、あるいは産道を通る際に感染することを母子感染(垂直感染とも)といい、ペルーの母子の場合は前者が考えられるという。

先月には中国の専門家チームが、「湖北省武漢市で妊娠中に新型コロナウイルスに感染した母親33人について調査した。

その後に新生児3人からウイルスが検出されたが、もし生後30時間以内に感染が確認された場合は母子感染を疑うべき。稀には起きるだろう」との見解を示していた。


関連記事:立ち会い出産やベビー用品の購入まで… 新型コロナウイルスの影響を妊婦が激白

 

■イギリスでも母子感染例

3月には、イギリスのノース・ミドルセックス・ユニバーシティ病院からも母子感染と考えられる例が報じられた。母親が肺炎のため病院に運ばれ、そこで新型コロナの感染が発覚。誕生した赤ちゃんにもすぐに検査が行われ、陽性反応を示したという。

現在、日本の産科では全職員の検温、手指の徹底消毒とマスクの着用など感染対策が強化されており、もしもの場合に備え、家族の面会や立ち合い出産の制限・禁止といった措置もとられるようになっているという。

・合わせて読みたい→新型コロナ陽性の看護師 「周りに感染させたかも」と思い悩み自殺

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)