元SDN48・芹那の現在に驚愕 「全盛期の100分の1の仕事量」「裏の仕事も…」

『伯山カレンの反省だ』で元SDN48の芹那の現在に密着して…

エンタメ

2020/04/19 10:00

芹那

かつては370本を超える年間テレビ出演本数を誇る活躍を見せ、多くの男性を魅了してきた元SDN48・芹那が18日深夜放送『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)に登場。メディア出演が減少した現状について赤裸々に語った。



 

◼小悪魔キャラでブレイク

あざとい、小悪魔的なキャラで男性を虜にした芹那だったが、その反面、女性からは嫌われがちだった。その影響か一時期と比べて仕事が激減した現在について「舞台を中心に活動。5年前の100分の1くらいの仕事量」と語る。

美容にもこだわりが強く、自分で自由にエステ器具を使った施術ができる「セルフエステ」に通っていると告白。身長160cm、体重は44kgで体脂肪率10%のスレンダーな体型を維持、当時と変わらぬ美しい姿を披露した。


関連記事:麒麟・川島、カラオケの豆知識披露 シャドーボクシングの映像が多い理由とは

 

◼現在の仕事は…

密着していた講談師・神田伯山と共に露天風呂で混浴。身も心もリラックスした状態で、芹那はさらにディープな本音を漏らしていく。

テレビ業界では信頼できる仲間はいなかったと振り返り、「舞台への出演だけでなく、ミュージカルなどのプロデューサー側もやりたい」と今後の展望を吐露。

ブランドのデザイナーなどもしているが、自身の名前が表に出ると「印象が悪い。マイナスイメージになる」との理由で裏の仕事と割り切っていた。

次ページ
◼過去を振り返る

この記事の画像(1枚)