田中みな実が狂った秘書を熱演 個性的な眼帯に「鳩サブレみたい」との声も

田中みな実が秘書役を務めるドラマ『M愛すべき人がいて』の第1話が放送

エンタメ

2020/04/19 14:30

安斉かれんと三浦翔平がダブル主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の第1話が18日に放送。

ツッコミどころ満載のストーリー展開とフリーアナウンサー・田中みな実が演じる強烈なキャラクターがSNSで大きな話題となっている。



 

■原作は浜崎あゆみが主役の小説

本作は歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話を語る小説『M 愛すべき人がいて』をベースに、激動の音楽業界を駆け抜けるアユ(安斉かれん)とレコード会社の社長・マサ(三浦翔平)の愛や葛藤を描いたラブストーリー。

GENERATIONS from EXILE TRIBE白濱亜嵐ほか、田中みな実、高橋克典、高嶋政伸等豪華キャストが脇を固める。


関連記事:Gカップグラドル高杉杏 眼帯ビキニでエロすぎるメイドさん役に挑戦

 

■「面白い女だな」パターン

福岡から上京し芸能事務所に所属したものの鳴かず飛ばずのアユ(安斉)は、ドラマエキストラのような仕事を細々とこなしていた。

そんな中、六本木のディスコ・ベルファインでレコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦)と出会う。しかし、VIPルームで芸能界を志望する女性を品定めして「違う」と一言で蹴散らす態度に、アユは疑問を感じてしまう。

我慢ならなくなった彼女は「たった一言で…神様ですか!?」と歯向かうが、その反抗的な態度がマサの心に刺さり、2人は連絡を取り合うことに。

次ページ
■田中みな実は眼帯秘書役