加護亜依、外出自粛生活もストレスがない理由 「たしかに」「納得」

タレントの加護亜依が自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスの結果、続く外出自粛にストレスを感じていないことを明かした。

エンタメ

2020/04/21 14:30

加護亜依

20日、タレントの加護亜依が自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外出自粛が続く中でも、ストレスを感じていないことを明かした。その理由に、ファンからは納得の声があがっている。



 

■ファンとの交流を楽しむ

この日、インスタグラムのストーリー機能を用いて行なったファンとの交流について、感謝の気持ちを綴った加護。

「週末はフォロワーの皆様とストーリーでお話し出来て、とってもとっても楽しかったです」「みんなほんっとに優しいから、またみんなに会いたい気持ちがさらに強くなってしまった」と述べつつ、外出自粛期間について触れる。


関連記事:武井壮、自粛に対しストレス しかし「ちょい我慢や」と呼びかけ

 

■謹慎経験で慣れた?

「大きな声では言えませんが…」と前置きしつつ、加護は「私は1年間謹慎していた過去があるので、今の自粛生活にストレスは感じていません」とコメント。

アイドル時代に謹慎処分を受けたことで知られる彼女だが、その時期に比べると、今の生活はそう大変ではないようだ。

もっとも、「子供はかわいそうだけどね」と続けつつ、ファンに向けて「自粛生活がんばろうね」というハッシュタグでエールを送った。


■「まさかの自粛慣れ」「たしかに」

過去のスキャンダルの結果、外出自粛にもストレスを感じずにいられることを明かした加護。この告白にファンからは「何事も経験ですね」「まさかの自粛慣れ笑」「たしかに」など、驚きと納得の声が寄せられることに。

一方では、「ホント子供はかわいそうですよね」「大人は我慢できても、ですよね」と子供たちのことを心配する声も確認できる。

何事も経験だと感じさせてくれる、そんな投稿であった。

・合わせて読みたい→川口春奈、カフェで見かけた予想外の光景に驚き 「がっかりしました…」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太