日本の“折り紙”を参考にした「キッチンペーパー製マスク」が世界で話題

22日、1枚のペーパータオルから簡易的なマスクを作りあげる動画が、ツイッター上で話題になっている。

マスク
(画像はWydział Form Przemysłowych ASP w Krakowie公式FBのスクリーンショット)

22日、1枚のキッチンペーパーから簡易的なマスクを作りあげる動画が、ツイッター上で話題になっている。この動画を紹介したのは、エクスペリエンスデザイナーのMotosuke / Takram NYさんで、15時現在、1.1万リツイート、2.3万いいねが入るなど、大いに注目されている。



 

■これはオシャレ…

「これがあれば安心というものではないけど、家で子供と一緒に作って、マスクに慣れ親しむのに良さそう」とコメントを添え、紙製マスク「Origami mask」の作り方動画を案内したMotosukeさん。

Origami maskは、家庭にあるキッチンペーパーを立体的に折りたたみ、輪ゴムをつけて完成されるもので、Motosukeさんが「ポーランドのアートスクールによるもの」と説明を付け加えている通り、計算された端正なビジュアルが特徴的だ。この動画はFacebook上で広く拡散され、125万回再生されている。


関連記事:縫わずに作れる 「東京都医師会の簡易マスク」の密着感がスゴかった

 

■「新しい豊かさの兆し」

気になったのはおよそポーランド人は知らないだろうと推察してしまう「ORIGAMI」というネーミング。

日本折紙協会に聞いたところ、じつは「折り紙は今や日本だけのものではなく、『ORIGAMI』という名称で世界中に知られている文化です」とのことで、動画を作成したクリエイターたちもその存在を十分知っていたようだ。

Motosukeさんは、「世界中でデザイナーやアーティストが、今直面している困難をクリエイティブに突破するアイデアを、日々生み出してる。それらは、短期的な課題解決をするだけでなく、生活者や社会の新しい豊かさの兆し」と、デザイナーとしての立場でこの動画が持つ意義についてコメントを寄せていた。

次ページ
■警視庁もキッチンペーパー製を

この記事の画像(1枚)