「スポーツでは1位以外は2位もビリも一緒」理論に賛同できる?

優勝できなければ2位もビリも一緒?

男女

2020/04/23 12:00

1位と2位
(View Stock/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

TBS系列『サンデーモーニング』の「週刊御意見番」コーナーで長くコメンテーターを務める張本勲氏。度々物議をかもす発言でも話題にあがっている。

中でも、昨年の番組内で惜しくも優勝を逃した選手たちを紹介した際には「スポーツは2位もビリも一緒」と持論を展開し、SNS上でも言及が相次いでいた。


画像をもっと見る

 

■2位もビリも一緒だと思う?

そこで、この「持論」について、しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,789名を対象に意識調査を実施した。

結果、「1位でなければ2位もビリも一緒だと思う」と答えた人は13.6%。やはり大方の人は、2位以下と最下位が「一緒」と考えていない。


関連記事:新型コロナの致死率「H1N1の10倍」 終息にはワクチン必要とWHO

 

■10代男性が支持

「2位もビリも一緒だと思う」と答えた人を年代別に見ると傾向が出た。

10代男性の割合が高く、25.8%となっている。将来のある世代だけに、「やるからには1番。2位も最下位も一緒」と考えているのかも。その他の世代は軒並み割合が15%以下で、とくに40代女性は8.6%と低い。2位でも「立派な成績」と考えている人が圧倒的だ。

次ページ
■賛同派の意見は?

この記事の画像(3枚)