千葉県・ユーカリが丘の飲食店が集まり弁当を売る『街弁』が画期的

千葉県佐倉市にあるニュータウン・ユーカリが丘の飲食店は一風変わった試みを行い、集客を頑張っているようだ。

グルメ

2020/04/23 10:40

新型コロナウイルスの影響により外食を控える人が多い中、全国の飲食店はテイクアウトメニューを提供したり、出前をしたりと工夫をこらしている。

そんな状況下で、千葉県佐倉市にあるニュータウン・ユーカリが丘の飲食店は一風変わった試みを行い、集客を頑張っているようだ。


画像をもっと見る

 

■飲食店が集まり弁当を販売

その試みとは『街弁』と名付けられ、ユーカリが丘駅前の商業施設・ユーカリプラザの2階で近隣の飲食店が持ち寄った弁当を販売するというもの。

記者もたまたま近くを通る用事があったので寄ったのだが、当日は2店が弁当や総菜を販売していたので、それぞれ餃子とオムライスを購入した。


関連記事:新型コロナでピンチでも頑張る飲食店の弁当を勝手に紹介 中板橋『すけろく商店』

 

■惣菜も弁当も美味しい

中華料理店『豫園』の餃子は1個が大ぶりで食べ応えがあり、にんにくが入っていないのに旨味はしっかりして激ウマ! 家庭では作れない味だ。

Sobacafe301のオムライスはオーソドックスな味で、安定感のある美味しさ。オムライスを自宅で作るのはわりと面倒なので、そういった面でも助かる。

次ページ
■お会計など改善の余地も

この記事の画像(5枚)