山形そば店の緊急SOSアカウントが話題 「客が一日に1〜2組に激減」と店主

新型コロナの影響で客が激減したことで、開設したSOSアカウントが大反響!

話題

2020/04/24 10:40

そば処 織匠
(写真提供:そば処 織匠)

新型コロナ感染拡大で、人気のパスタ店が店舗を大量閉店するなど、飲食業界に深刻なダメージを与えている。そんな中、山形のそば屋の緊急SOSアカウント開設が話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、店主から詳しく話を聞いた。



 

■新型コロナの影響で客が激減

山形県米沢市の郊外にあり、山形県産種のそば粉「でわかおり」を使用している、創業47年の「そば処織匠」。店主は、「山のふもとに位置しているので、とにかく水がおいしい。それが、そばとつゆの旨さにつながっている」と語る。

根強いファンが多く、遠く福島からも客がやってくる。そんな店にも新型コロナの打撃は大きく、「売上は、通常に比べて8割減で、今は一日に1組から2組しか客が訪れない」と悲惨な状況を語った。


関連記事:『駅前酒場 綾瀬』持ち帰り刺身が激ウマ 「店主の気遣い」にも感動した

 

■ツイッター開設で注文殺到中

そんな中、何もしない訳にも行かず、店主の娘さんのご主人から、「ツイッターに、緊急アカウントを開設してみましょう」というアイデアがあがった。もともと、店主は、ツイッターに詳しくなかったが、そんなことも言っている場合ではなく、即座に実行に移した。

すると、開設日初日に、生そばの配送申し込みが殺到したという。一箱5人前の配送セットに、200箱を超える注文が入っているという。店主は、「非常に驚いている」と語る。


■新型コロナが落ち着いたら…

現在、注文が殺到しているため、「配送までに少しお時間を頂く」とのこと。年末の年越しそばの時期には、4,000食の申し込みがあるが、それ以降は、月に一度程度の申し込みだったそう。

ツイッターには、「営業で米沢に行くときたまに寄らせて頂いてました。歌舞伎そばセットが反則級に美味しいお店ですよね。近いうちに行きますので、頑張って下さい」といった応援メッセージも寄せられている。

最後に店主は、「配送の申し込みは、大変ありがたい。新型コロナが落ち着いたら、一番の人気メニューである天ざるそばを、是非食べに来て頂きたい」と述べた。

・合わせて読みたい→ミルクボーイ内海、断腸の思いで自粛したことに反響 「世界初やと」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)