マンション16階から転落死した4歳児 「空を飛んでみたい」が口癖

好奇心にかられ、衝動的かつ危険な行動に出ることがある幼い子供たち。何としても事故から守らなければならない。

社会

2020/04/26 08:20

空を飛ぶ少年
(Tomwang112/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

鳥や飛行機を見上げながら、瞳を輝かせて「空を飛べたらいいな」とつぶやくことがある幼い子供たち。ふと、もしかしたら自分も飛べるのかもしれない、と思ってしまうことがあるのだろうか。



 

■16階の寝室の窓から…

米国・フロリダ州ブロワード郡のハリウッドにある高層コンドミニアム「クアドメイン・タワー」で今月中旬、幼い男児が16階の窓から転落死する事故が起きた。

亡くなったのは、フィル&エリザ・デルデューカさん夫妻の長男で4歳のジェシーくん。一家はこの冬に、ニューヨーク市のスタテンアイランドから引っ越してきたばかりだった。


関連記事:極秘出産の18歳女が自宅窓から赤ちゃんをポイ捨て 「ママになるのは怖い」

 

■網戸を取り外したがために…

その日、換気のためジェシーくんの寝室に入った父親のフィルさんは、網戸が壊れていることに気づき、いったん取り外すことに。これが悲劇の発端だった。

こうして、網戸のない状態で窓を開けたままジェシーくんの寝室を後にしたフィルさん。その後ジェシーくんが窓辺に行き、外を眺めているうちに身を乗り出し転落したものとみて、警察が詳しい調査を行っている。

次ページ
■空を飛ぶことへの強い憧れ

この記事の画像(1枚)