「ロックダウン解除を」猛烈抗議の米男性 皮肉にも新型コロナで逝く

新型コロナウイルスで47,000人を超える死者が出ている米国。しかし、「感染なんて怖くない」と叫ぶ人々の姿が目立ってきた。

社会

2020/04/26 17:20

デモ
(Tero Vesalainen/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)のパンデミックに、世界各地で人々はじっとロックダウン(都市封鎖)に耐えている。しかし今のアメリカで少しずつ目立ってきたのは、「ウイルスなんて怖くない。ロックダウンを解除しろ」などと叫ぶ人々の姿だ。



 

■ロックダウン抗議中に感染

米国オハイオ州のマリオン郡でここ1ヶ月にわたり、州知事に対して何度も「ロックダウンを解除せよ」と訴えていたジョン・マクダニエルさんという60歳の男性。

なんとも皮肉なことに、彼は2週間ほど前に新型コロナウイルス感染症に感染した。コロンバスの病院に入院するも重篤化し、今月15日に死亡。妻と2人の子供がいたという。


関連記事:ジャスティン・ビーバー、外出禁止の間は生動画配信で連日ファンと会話

 

■感染を恐れなかった男性

オハイオ州知事のマイク・デワイン氏のロックダウン宣言に対し、「すべての教育機関、バーやレストランが閉鎖だなんて、ふざけるな。そんなことを決める権限なんて、あるもんか」「病気になるのが怖いって、そんなに心配なら外出しなきゃいいだろ」「我々には好きに生きる権利がある。邪魔するな。この狂った状況、早くなんとかしてくれ」などと抗議していたマクダニエルさん。

ロックダウンがもたらす不自由さに耐えられなかったようだ。

次ページ
■苛立ちを爆発させる人々

この記事の画像(1枚)