サバンナ高橋が提案の”スーパーが密にならない方法”に絶賛の声 「それしかない!」

『サンデー・ジャポン』にサバンナ高橋が出演。スーパーの混雑緩和への提案が話題に。

話題

2020/04/26 11:45

サバンナ・高橋茂雄

26日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、新型コロナウイルスの話題のなかでも、スーパーの混雑緩和がテーマに。サバンナ・高橋茂雄の提言が、視聴者のあいだで話題になっている。



 

■「3日に1回」に街の人は…

都心部では人が減っているものの、その周辺地域の商店街などが買い物客で溢れているというここ連日の報道。とくにスーパーには家族連れで来ている人の姿も見られるなど、その混雑緩和が大きな課題となっている。

この対策のひとつとして、23日に開かれた東京都の臨時会見では「買い物は3日に1回に」との要請が出された。これについて番組では、街中の取材を敢行。

実際に聞いてみると「冷蔵庫のキャパシティには限りがあるから難しい」「家族全員が3食家で食べる状況下では無理」と回答するなど、不満に思っている人が多くいるようだ。


関連記事:〈早くやれや〉エイベックス松浦会長との“大麻漬け”のハワイ旅行 白亜の大豪邸での「証拠音声」公開

 

■滞在時間が課題

そうしたなか、サバンナ高橋は店内の客の滞在時間に注目。「買い物するときに『なに買おうか』とか考えるから長くなる」と課題点を挙げ、「3日パックみたいなのを売ってくれてたら」と提案。

これにスタジオからは、「たしかに…」「なるほど。それはいい」と賛同の声が続々と上がった。

次ページ
■「ナイスアイディア」