シャープ公式が掲載した始末書 最後の言葉に「感動した」

シャープ公式ツイッターアカウントが26日に「始末書」を投稿。その内容に反響が相次いでいる。

話題

2020/04/27 07:30

シャープ

ユーモアで遊び心のあるツイートや、ユーザーへの親切な対応でたびたび話題になるシャープ公式ツイッターアカウント。フォロワーからの支持も厚い同アカウントだが、26日の投稿で“始末書”なるものを掲載し、反響を呼んでいる。



 

■記念すべき瞬間を見逃し

事の発端は25日。同アカウントのフォロワーが80万人を突破したのだが、ツイッター担当の“中の人”が80万人を突破した瞬間を見逃してしまったという。

翌26日、同アカウントは「始末書を書きました」と投稿。「記念碑的瞬間を見逃し、業務へのモチベーションとツイートチャンスに多大な支障をきたしました」とつづる。


関連記事:シャープ、公式ツイッターが実施した取り組みに反響 「決意を感じた」

 

■おうちの誘惑に勝てず

なお、見逃した原因は中の人による「在宅勤務とステイホーム」だとし、「うちで踊ったり、うちで本読んだり、うちでゲームしたり、うちで料理したり、うちでちょっと仕事したり、うちにいると楽しいこともたくさんあります。うちの罠といえばそれまでですが、私の生来のインドア志向も原因と深く反省しております」と説明。

「おうち」の誘惑とはしっかり社会的距離をとるとし、「このような不始末を繰り返さないことを誓います」と謝罪した。

次ページ
■「いつか家電が必要になったら…」